スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心療内科を紹介される

2009-03-25

こんにちは☆雅美☆です。
今日も膠原病(混合性結合組織病・シェーグレン症候群)の方は、調子がいいです。
うつ病の方もうつの波は、治まっています。

さて、前回の続きですが、退院したものの寝たきりのような毎日が続き、おまけに吐き気がして時々立ちくらみに襲われるようになりました。
家事が全く出来ずどうしようもないので、何度もT病院に入院させてもらいました。
毎回胃カメラを飲むのですが、胃がちょっとあれてるぐらいでたいした事はないのです。
主治医のH先生がおかしいと思い始めそしてうつ病の疑いがあると言い出しました。
それで、心療内科を受診するように言われたのです。
T病院には、精神科がなかったため天神(福岡の繁華街)のO病院を紹介されました。

最初は、紹介状を持ってT病院からO病院へバスで行きました。
O病院のK先生に診てもらいうつ状態と診断されました。
お薬をもらってT病院へ戻りH先生に報告しました。
H先生から「もう膠原病の方は、落ち着いているんです。今度からうつ病の方を中心に治療して行きなさい」と言われました。
私は、吐き気も立ちくらみも膠原病から来ていると思っていたので、ビックリしました。
そして、現在にいたります。

うつ病の症状がだんだん出て来ました。
外に出るのが怖いような気がして家にこもるようになって来ました。
好きだった読書やカラオケもしないようになりました。
自分が何の価値も無いような人間に思えて来て自信が無くなり生きていても仕方が無いと思うようになりました。
朝も起きれなくなり「起きても何も楽しい事がない」と思うようになり、寝てばかりいるようになりました。
歯磨きや洗面さえも億劫で、お風呂に入るのもめんどくさく感じられるようになりました。

気分を変えるためにアルバイトをしましたが、続きませんでした。
私は、パスタが好きなのでパスタ屋でアルバイトをしたのですが、ものすごく忙しく先輩は厳しくうつ病が悪化してもいけないのですぐ辞めてしまいました。
それからブログを書き始めたのですが、それはもともと書くのが好きだったから結構続きました。
そして今でも、こういう風にブログを書いたりミクシィをしたりして楽しんでいます。
毎日毎日やっているのは、ブログを書く事とミクシィをする事だけのような気がします。
でも、本当に調子が悪い時は、それすらも出来ません。

昨年H先生からの勧めで精神病院に入院したので、次回はその事をお話しようと思います。
読んで下さってありがとうございます。





スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。