スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛かった精神病院入院3

2009-03-28

こんにちは☆雅美☆です。
今日も膠原病(混合性結合組織病・シェーグレン症候群)とうつ病は、落ち着いています。
いい調子です。

さて、前回の続きです。
食事も入るようになり、同じ部屋のMちゃんやAちゃんとも仲良くなってきた私は、精神病院にも少し慣れて来ました。
3人でお菓子を食べたりするようになりました。
ジプレキサという薬を処方されていた為食欲が出て来たのです。
食事の量も大盛に変えてもらいました。

それから近くのスーパーへ3人で買い物に行ったりしました。
プリンやゼリー、クッキーなどを買ったりしました。

そんなある日、私の担当のO看護師さんから作業療法を勧められました。
私の好きな物を詳しく聞かれ、料理やお花や絵をする事になりました。
でも、その時は空きがなくしばらく待つように言われました。
それに主人からお金がかかるので作業療法はしないよう言われました。
家にあるものですまそうと思い、キーボードをしようかと思ったのですが、集団の部屋でヘッドホンをつけてするように言われたのでそれも止めました。
結局作業療法はしないまま退院する事になります。

夜は、何もする事がないので8時頃寝ました。
月15万も払って何もならなかったなあと思いました。
とにかくK先生と相性が悪い為診察しても何も変わりませんでした。
カウンセリングをやっぱり受けようかと思いましたが、また相性の合わない先生からなんか言われたら嫌なので止めました。

主人の機嫌をとるため週末は自宅に帰るようになりました。
外泊届けを病院に提出してから帰りました。
自宅では、パスタやシチュー、カレーなど簡単な物を作りました。
帰ると主人は喜んでくれました。
夜は、ネットで遊んで午前2時頃寝ていました。

退院する直前に病院でお祭りがありました。
同じ部屋のMちゃんが薬を大量に飲んでしまい隔離部屋に入れられました。
お祭りにはAちゃんと2人で参加しました。
梅ケ枝餅や焼きそばを食べました。
くじ引きがあったのですが、私はお菓子の詰め合わせが当たりました。
看護師さんたちも参加していてなかなか楽しかったです。

最後の診察があったのですが、K先生からいろいろ言われて耐えきれず泣いてしまいました。
もう顔も見たくありません。
ほんとに嫌な思いをしました。

退院の時は、主人が迎えに来てくれました。
Mちゃんは、まだ隔離部屋に入っていて挨拶出来ませんでした。
お世話になった看護師さんや同じ部屋のAちゃんに挨拶をして精神病院を去りました。

今日で精神病院入院の日記は終わりです。
次回は何を書こうかな。
読んで下さってありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。